チベット体操☆体験記

チベット体操をした後の瞑想の内容を書いています。

チベット体操22日目

チベット体操22日目 13回

 

 

 

瞑想をはじめると、
薄い水色のベールのような

風の光がふわりとする。

 

愛らしい風の精霊が姿を見せてくれました。

 

 

 

その次に桜の花びらが

一面に敷き詰めらせていて、

すごく綺麗な黒髪に金の髪飾りのような

冠をつけた、お雛様のような方が

その桜の花びらに包まれて眠られているのか見えます。

 


木花咲耶姫さまのようです。

 

 

 

十二単のようなお着物で、

何重にもなる袖口は虹のようです。
とても綺麗な方。

 

 

 

 

なぜ眠っているのか尋ねると、
深い意識の底では目覚めているが、
深すぎて、そこまで届かない。

 


わたしのエネルギーはバラバラ

山に繋がられている。

繋げられているので動くことができない。

ということでした。

 

どうしましょう。。。
と、思っていると、

 

次に光る玉に巻きついている銀の龍が見え、

動き出しました。

 

 


銀の龍は宇宙と人を繋げる役目を持っているようで、

宇宙と人の間を大きくうねっています。

 

 

 

そこに、
神様と人が再び繋がり結び、

神世の世界が再び起こることを祈りました。

 

 

 

そうすると銀の龍の鱗が、
ブワーッと虹色に輝き、
白に虹色の輝きが加わったオパールのような色に変化しました。

 

 

 

再び地球に光を送り終了です。

 

 

 

 

 

 

f:id:all-for-earth:20170510144910j:image