チベット体操☆体験記

チベット体操をした後の瞑想の内容を書いています。

チベット体操8日目

チベット体操8日目 9回

 

 

瞑想を始めると、

パーっと明るくなり王冠を乗せた自分が現れました。

どこか古代ヨーロッパの人みたい。

 

 

 

草原に出て満天の星空を眺めると、

空から巫女の格好をした自分が降ってきます。

 

 

そのまま草原の中に仰向けで横たわっていて

目は瞑っています。

 

 

いつの間にか、

最初のわたしはいなくなり、

巫女のわたしに意識が変わっていて、

動きたいけど力が入らず動けない。

 

 

 

そのまま意識を集中すると、

額から意識が内側へと入ります。

 

 

 

 

森の中、一面の木々に囲まれています。

 

そのまま奥へと進むと、

灯籠が一本現れ、

ポツリと木の生えていない畳2枚分くらいのスペースが現れました。

落ち葉がたくさんあるので土は見えません。

 

 

 

その場所へと進むと、

風がフワッと吹いて落ち葉が舞います。

 

そこに一瞬現れたのは、

月に乗った女神でした。

(巫女っぽい格好もしてる)

 

 

木はどちらかというと

落ち葉がたっぷりで秋のようなかんじだったのですが、
急に新緑となり、

意識がどんどん森の奥へと進みます。

 

 

 

なんだか、すごく、

大地や土に対しての思いが出てきて、
土地への感謝と光、鎮魂の祈りを送って終了いたしました。

 

 

 

 

 

f:id:all-for-earth:20170505193245j:image